自信をつけるたった1つのこと

・結婚したいのにご縁がない
・転職したいのにチャンスがない

もしあなたがそんな悩みを持っているとしたら、
その根っ子にある原因に目を向けた方が良いかもしれません。

人の悩みの多くは、「相手のいる問題」です。

結婚相手、転職先の相手、全て相手がいます。

結婚したいけどご縁がない。
だからメイクを学ぶ、ダイエットをする、婚活パーティーに
行く。それでも相手が見つからない。見つからないから不安
になる。不安から好きでもない人とデートに行く。好きじゃ
ないから、疲れる。疲れ果てる。でもカレンダーが空白だと
もっと不安だ。

転職したいのにチャンスがない。
だから転職サイトに登録する。履歴書を書き直す。
資格を取る。資格を取りまくる。でも、面接までいかない。
書類で落ちる。さらにスキルアップする。土日もつぶして
学びまくる。でも決まらない。孤独になる。でも今の会社
は、もう嫌だ。

根っ子の問題とは何でしょう。

根っ子の問題とは「自信」

自信が無ければ、結婚も転職も上手く行きません。
でも「自信」の付け方を本気で教えている学校って、
ありますか?

婚活スクールはある、資格の専門学校もある。そこで、
スキルは学ぶことができます。でも表面的なスキルは、
相手によって見破られてしまうことが多い。

本当に自信があるのか、内心怯えているのかは、相手に
とっては良く分かることです。なぜなら、それは表情に
でるから。姿勢に出るから。雰囲気に醸し出されるから。

でもどうすれば、自信をつけることができるの?

それをひとことで言うと「主体性」があるかということ。

主体性とは?

主体性とは、さらに詳細を言うと、
(1)自分から動く
(2)捉え方を選ぶ

ということです。

(1)自分から動くとは、
誰か他の人から何か言われるか待っているのではなく、
自ら率先して働きかけて物事を進めていく姿勢のことです。

(2)捉え方を選ぶとは、
出来事に対しての反応を自分の意志で選ぶということです。

相手が何かしてくれるのをただ待っているのではなく、
自分が何かすることを考えて能動的に相手と関わっていく
こと。それが、主体的に生きるということです。

主体性のある人は人への貢献も大きいので、周りに素敵な人が集まってきます。
それが結婚や転職につながっていくのです。

まずは自分から何か他者に役立つことを探して、
主体的に貢献してみて下さい。

きっと、自信がついてくるのを体感できるでしょう。

——————–
自信を付ける方法をもっと具体的に学びたい人は、
以下のセミナーに参加してみて下さい。
↓ ↓ ↓
https://visionplan.jp/psychology-trial-seminar/